招へい外国人研究員(Invited Scholar)
フェローシップ外国人研究員(Visiting Research Fellow)

制度全体の主旨

地球研のミッションは、人間と自然系の相互作用環における重要な分野の総合的な研究を行うことです。 地球研では、3-5年間の研究プロジェクトを募って主導しています。

研究プロジェクトは質の高い応用研究を行い、研究は常に学際的であり、自然科学、社会科学及び人文科学を含む複数の方法論に基づいています。地球研の研究は学際性を増しており、社会における科学の役割の再定義や異なる知識間の対話の強化、鍵となる社会的・環境的問題に関する知の策定と創生において地域的・国家的・国際的な協力を促進しようとしています。

地球研の招へい外国人研究員制度及びフェローシップ外国人研究員制度では、海外の研究機関等で従事している研究者を、一定期間招へい又は受け入れ、所の研究及び所の多面的な発展に貢献していただいています。

※本制度は、現在募集中の情報はありません。過去の募集詳細は下記リンク先をご覧ください。

招へい外国人研究員(Invited Scholar)制度

フェローシップ外国人研究員(Visiting Research Fellow)制度

招へい外国人研究員/フェローシップ外国人研究員一覧

▼ 2020年度

    招へい外国人研究員
  • TOGTOKH, Chuluun(トグトク チュールン)
  • Mongol:Postdoctoral Researcher, Transdisciplinarity Lab, USYS, ETH Zürich

    2020/12/21 - 2021/3/20

    研究課題:牧畜の、国家的、地球的な持続可能性

    受入教員:近藤 康久

    フェローシップ外国人研究員
  • RIGOLOT, Cyrille Gerard(リゴロ シリル ジェラール)
  • フランス:Senior Researcher/Deputy Director UMR Territoires, Institut National de la Recherche Agronomique

    2020/10/1 - 2020/12/25

    How can transdisciplinarity tackle global environmental change issues? An inquiry on transformative concepts and methodologies, with water use by livestock as a case study

    受入教員:谷口 真人

▼ 2019年度

▼ 2018年度

▼ 2017年度

  1. HOME
  2. 研究活動
  3. 招へい外国人研究員(Invited Scholar)制度/フェローシップ外国人研究員(Visiting Research Fellow)
↑ページトップへ
大学共同利用機関法人 人間文化研究機構
総合地球環境学研究所

〒603-8047 京都市北区上賀茂本山457番地4

Tel.075-707-2100 (代表)  Fax.075-707-2106 (代表)

みんながわかるちきゅうけん