実践プログラム3

高負荷環境汚染問題に対処する持続可能な地域イノベーションの共創

  • FS1
  • PR
  • FR1
  • FR2
  • FR3
  • FR4
  • FR5

研究プロジェクトについて

貧困問題を背景とする零細小規模金採掘という資源開発による地球規模の水銀環境汚染に対処するため、住民と協働で持続可能な地域イノベーションをもたらし、さらに水銀ゼロをめざすローカルからグローバルまでの結びつきを強化することによって、この問題を解決へと導く道筋を解明します。また、トランスフォーマティブ・バウンダリーオブジェクトを活用した住民の変容とトランスディシプリナリー実践共同体を中心したネットワーク構築による持続可能な地域イノベーションを理論的かつ実践的に評価します。

なぜこの研究をするのか

自然環境破壊や環境汚染は、人間社会と地球環境の相互作用がもたらす深刻な環境問題のひとつです。特に、環境汚染は、局所的な問題からグローバルでかつ多元的な問題へと深刻化しつつあります。なかでも、開発途上国は貧困問題を背景とする長期的かつ深刻な環境汚染を抱えており、長年に渡って、そのリスクを解消する有効な対策が実施できていません。

この環境汚染問題の中でも、水銀汚染問題は生態系への影響や人類の健康にとって極めて深刻な問題のひとつです。1950-60年代に熊本県や新潟県で発生した「水俣病」が世界中に衝撃を与えました。にもかかわらず、水銀はその特異な有用性が優先され、その後も使用され、環境中に放出され続けてきました。この問題に対して、国連環境計画(UNEP)は「水銀に関する水俣条約(10/10/2013)」を締結し、水銀の人為的な排出の削減と地球的規模の水銀汚染を防止することに取り組んでいます。

さて、近年、この水銀の発生源として、零細小規模金採掘(ASGM)が注目されています。このASGMは、開発途上国における個人もしくはグループによる簡単な設備を用いた金採掘で、約5年前から水銀による大気汚染の最大の汚染源となっています。多くの国々が水俣条約を批准しているにもかかわらず、水銀放出量は減るどころか、むしろ増大しているのが現状です。このことが示すのは、貧困問題を背景とするグローバルな環境汚染問題が国際的な条約の批准やNGOの活動だけでは現実的に解決できないことを示しています。

どこで何をしているのか

図1  SRIREPプロジェクトの全体像

図1  SRIREPプロジェクトの全体像

私たちは、アセアン諸国において、深刻な環境問題の一つであるASGMという資源開発によるグローバルな水銀環境汚染を解決する道筋を解明することを研究課題としています。本研究では、超学際的研究を基本として、ASGM問題が深刻な東南アジア全体を俯瞰(ふかん)しつつ、地域住民、民間企業技術者、NGO職員、地方政府職員および中央政府職員などと協働で、(a)インドネシアおよびミャンマーのASGM地域における未来シナリオを活用した水銀汚染低減のための事例研究、(b)インドネシアおよびミャンマーの市民協働による水銀ゼロを目指す地域間ネットワーク研究、そして(c)東南アジア諸国の市民協働による環境ガバナンス強化に関する研究、という異なる3つのレベルで研究を実施しています。これらの研究を通じて、ステークホルダーと協働でASGM地域に地域イノベーションをもたらし、グローバルな水銀環境汚染という地球環境問題を解決へと導く道筋を解明します。また、ステークホルダーを相互変容させるトランスフォーマティブ・バウンダリー・オブジェクト(TBO)を活用してトランスディシプリナリー実践共同体(TDCOP)を地域社会の問題解決に活用するツールとして理論的かつ実践的に再定義し、設計・活用・評価方法を解明します。

〈語句説明〉

  1. 地域イノベーション:それまでに存在しなかった人々の間のネットワークが作られ、それによって地域社会に大きな転換が起こること。
  2. トランスフォーマティブ・バウンダリー・オブジェクト(TBO):社会生態系システムの持続可能性に多大な貢献が期待できる技術、生業手段、活動、それに関係する機会や象徴的人物等で、それに対して多様なステークホルダーがそれまでの価値観を劇的に変容させ、強い関心を持たせうるもの。
  3. トランスディシプリナリー実践共同体(TDCOP):複雑な社会生態学的な問題解決を目標とする科学者を含む多様なステークホルダーによって特徴づけられます。これらメンバーは、公式組織から距離を置く共同体内で学習しながら、共創した知識をメンバーで共有し、それぞれの公式組織において問題解決のための活動と協働を繰り返し実践します。
図2 零細小規模金採掘(ASGM)における水銀アマルガム法

図2 零細小規模金採掘(ASGM)における水銀アマルガム法

これまでにわかったこと

(a)インドネシアおよびミャンマーのASGM地域における未来シナリオを活用した水銀汚染低減のための事例研究では、インドネシア・スラウェシ島のゴロンタロ州および南東スラウェシ州のASGM地域において、蒸気水銀による大気汚染と廃棄物による河川水汚染が広域的に確認され、既に住民も水銀暴露の影響を受けていることが明らかになりました。(b)インドネシアおよびミャンマーの市民協働による水銀ゼロを目指す地域間ネットワーク研究では、インドネシアに構築中の水銀ゼロ社会を目指すネットワークのホームページおよびフェイスブックが公開され、350人以上のアジアの人々が訪問しています。そして(c)東南アジア諸国の市民協働による環境ガバナンス強化に関する研究では、多層連携型の環境ガバナンスの設計が開始されました。

伝えたいこと

ASGMによる水銀汚染問題は早期からUNEPによっても多くの取り組みが行われてきました。しかし、この問題が最も深刻な東南アジア諸国において、多様な国・地域の統治と各ASGM地域における多様な文化・社会・経済的背景を踏まえた、有効な問題解決への理論的・実証的研究は知られていません。この研究プロジェクトは、ASGM問題解決策のブレイクスルーとなり、その理論と手法は他の地球環境問題の解決にも活用できます。

特筆すべき事項

プロジェクトでは、地域における在来知を生かし、自然と人間が共存する具体的な未来可能性のある社会への変革を提案しています。具体的な事例研究では、インドネシア・スラウェシ島のゴロンタロ州および南東スラウェシ州におけるASGM地域の水銀汚染の環境影響評価および社会経済的状況の基本データなど問題の解決に不可欠な基本的情報を収集しました。また、インドネシア市民協働による水銀ゼロを目指す地域間ネットワークを構築するために、ホームページを立ち上げ、350人以上の人々が訪問しています(Mercury Free Society Networks)。さらに、東南アジア諸国の市民協働による環境ガバナンス強化に関する研究を実施するため、インドネシア・ミャンマー政府関係者らと、各UNEP協議会を設立する話し合いを始めました。昨年度には、本プロジェクトに関連するトランスディシプリナリティを取り入れた国際学会(TREPSEA)および国際セミナー(TRPNEP)を主催しました。多数の研究者やステークホルダーが参加し、活発に意見を交換しました。

写真1  The 3rd international conference of the Transdisciplinary Research on Environmental Problems in Southeast Asia (TREPSEA2018)開催のポスター 写真2  インドネシアのトランスディシプリナリー実践共同体メンバーによるミーティング

写真1 The 3rd international conference of the Transdisciplinary Research onEnvironmental Problems in Southeast Asia(TREPSEA2018)開催のポスター

写真2 インドネシアのトランスディシプリナリー実践共同体メンバーによるミーティング

集合写真

メンバー

プロジェクトリーダー

氏名所属
榊原 正幸総合地球環境学研究所教授/愛媛大学社会共創学部

北海道札幌市生まれ。ASEANの国々を中心に貧困を背景とした環境汚染問題を解決するための文理融合的な研究をおこないます。住民と共に問題に取り組み、環境汚染のない持続可能な社会を作ることをめざします。将来的には、アジア全域にその研究ネットワークを広げたいと考えています。

サブリーダー

氏名所属
田中 勝也滋賀大学環境総合研究センター教授

研究員

氏名所属
君嶋 里美研究員
匡  暁旭研究員
Win Thiri Kyaw研究員
Myo Han Htun研究推進員
竹原 麻里研究推進員

主なメンバー

氏名所属
松田 博之横浜国立大学
笠松 浩樹愛媛大学社会共創学部
島上 宗子愛媛大学国際連携推進機構
宮北 隆志熊本学園大学社会福祉学部
松本 雄一関西学院大学
Fenty U. Puluhulawa国立ゴロンタロ州大学法学部(インドネシア)
Idham A. Kurniawanバンドン工科大学(インドネシア)
Basriマカッサル健康科学大学(インドネシア)
BobbyNGO「Network Activities Groups」(ミャンマー)
Zahra R. Intanasriインドネシア公衆衛生協会
  1. HOME
  2. 研究プロジェクト
  3. 研究プロジェクト一覧
  4. フルリサーチ・プレリサーチ
  5. 高負荷環境汚染問題に対処する
    持続可能な地域イノベーションの共創
↑ページトップへ
大学共同利用機関法人 人間文化研究機構
総合地球環境学研究所

〒603-8047 京都市北区上賀茂本山457番地4

Tel.075-707-2100 (代表)  Fax.075-707-2106 (代表)

みんながわかるちきゅうけん